自分の家もリフォームしたいと思う人に役立つ失敗談

>

リフォームの依頼先で決まるさまざまなデメリット

どんなことをあきらめた?

マンションでリフォームをしようと考えている方もいると思いますが、それには、さまざまな問題があるようです。
まずは、規約などの点でいくと、フローリングが夢だったのに、禁止だった。
部屋をつなげて大きなリビングにするつもりが、構造上、壁を抜いてはいけなかった。
今、はやりのオール電化にしたかったが無理だった。などでした。
また、工事が始まってから近隣との音や、におい、ほこりのトラブルもたくさん起こっているようです。
さらには、全体修繕との時期も考えて工事を進めなければなりません。
リフォーム後、全体修繕でサッシを丸ごと新しいものに変えられてしまったなど、損をする場合もあります。
マンションは共有している部分が多く、いろいろな人が住んでいるので戸建のリフォームより気を付かなければなりません。

物件選びはリフォーム会社と同時進行で行う

マンションの物件選びをする際に、先にマンションを購入して、いざあれこれとリフォーム案を出しても、できる事とできない事が出てしまい、結局、自分の思い通りにならなかったということがあります。
そうならないためには、物件購入と、リフォーム会社選びを同時進行で行う方法もあります。
まずは、どんなイメージの部屋にしたいかはっきりさせ、キッチンは対面がいいか、収納はどうか、水回りはどの程度手を入れるかなどを、具体的にしておきます。
その後で、自分に合った、工事可能な物件を探すというものです。
これなら規約を気にせずにリフォームを進めることができますね。
もし、小さなことでも規約を破ると工事停止になりますし、裁判沙汰にもなりかねません。


この記事をシェアする