自分の家もリフォームしたいと思う人に役立つ失敗談

>

目で見ることも大事

売りに出された理由

リフォームは、自分が建てた家を直すことだけではありません。
中古住宅やマンションを安値で買って、傷んでいるところや、水回りを修理して自分の理想的な家を作る場合もあります。
その場合は、かなり慎重になった方がよさそうです。
大抵は、転勤や、田舎暮らしをするためなどに空いた物件が多いと思いますが、中には、通気性が悪くてカビだらけ、西日が暑すぎて快適に住めない、冬は広々とした部屋での暖房の利きが悪く、電気代も高額になってしまうなどのケースも良くあることのようです。
これではリフォームしてもまた同じで、もし根本的な改善をするとなると、新築よりもお金がかかってしまうこともあります。
家は一生の買い物なので、そんなことにならないためにもよく、今まで住んでいた人や、どんな管理をしていたのか調べておくことが大事です。

築年数や工事箇所によって価格は全然違う

築年数の浅いものから、築30年くらいまでの中古住宅はどのあたりまで、リフォームしたらよいのか調べました。
築5年未満は、畳の張り替えや、クロスの張り替えなど、予算で言うと50万円くらいが目安となります。
築15年から20年では、外回りの外壁や屋根、ベランダなど、日頃雨風にさらされている部分も気になる頃と言われています。
価格は、おおよそで200万円ほどです。
築30年くらいになると、ほとんどの設備に故障や不具合が発生します。
ですので、全面リフォームを考える事をおすすめします。
ただ、築30年以上の物件には基礎の状態や、耐震性なども考えるとかなりの高額となる為に、建て替えに切り替える方法も少なくありません。


この記事をシェアする